パワハラ「労使で解決」 トヨタ労連会長

定期大会に先立ち記者会見する全トヨタ労連の鶴岡光行会長=17日午前、名古屋市
定期大会に先立ち記者会見する全トヨタ労連の鶴岡光行会長=17日午前、名古屋市

トヨタ自動車グループの労働組合でつくる「全トヨタ労働組合連合会」の鶴岡光行会長は17日の記者会見で、職場でのパワーハラスメントに対する組合の姿勢について「声を吸い上げ、悲しい事案が起きないよう労使で早期に問題解決していく」と述べた。上司のパワハラが原因で社員が自殺した問題で、同社と遺族が和解したことを受けての発言。

和解成立を受け、同社は6月「再発防止策を推進する」とのコメントを発表した。一方、今月16日には別の社員の自殺に関する控訴審判決で、名古屋高裁が上司によるパワハラと鬱病発症の因果関係を認定した。

会員限定記事会員サービス詳細