ペレスが3戦連発45号で大谷抜く 9月7本のロイヤルズ捕手

アスレチックス戦で45号2ランを放ったロイヤルズのペレス=カンザスシティ(USAトゥデー・ロイター=共同)
アスレチックス戦で45号2ランを放ったロイヤルズのペレス=カンザスシティ(USAトゥデー・ロイター=共同)

米大リーグ、ロイヤルズのペレスが16日、カンザスシティーでのアスレチックス戦で3試合連続となる一発を放ち、大谷を抜いた。一回1死一塁で豪快に左中間スタンドへ運び、45号とした。リーグ公式サイトによると、主に捕手で出場の選手による最多本塁打記録で1970年のベンチ(レッズ)に並んだ。

9月は半分を過ぎたところだが、既に7本塁打。8月下旬には5戦連発と勢いに乗れば手が付けられないだけに、大谷にとっては脅威だ。(共同)