岸田氏「政策論争で国民の信頼を回復」

自民党総裁選の告示日を迎え、記者団の取材に応じる岸田前政調会長=17日午前、東京都港区
自民党総裁選の告示日を迎え、記者団の取材に応じる岸田前政調会長=17日午前、東京都港区

自民党総裁選に出馬する岸田文雄前政調会長は告示日の17日午前、「政策論争を通じて国民の信頼を回復し、党を改革する。こうした思いをしっかりと訴えたい」と述べた。東京都内で記者団の質問に答えた。

岸田氏は「最後の最後まで一人でも多く、私の政策を理解してもらえるように努力を続けたい」と勝利に向け、支持拡大を目指す考えを強調した。自らが率いる岸田派(宏池会)に加え、最大派閥の細田派(清和政策研究会)や麻生派(志公会)、谷垣グループ(有隣会)の所属議員らが支援する。

また、選挙戦を迎える心境について「想像以上にすっきりと朝を迎えることができた。大変気持ちが盛り上がっている」と語った。