JR東海道線で人身事故 約8万4千人に影響

17日午前5時35分ごろ、大阪府高槻市安満新町のJR東海道線の踏切で、男性が新座貨物ターミナル発大阪貨物ターミナル行きの貨物列車(24両)にはねられた。JR西日本によると、運転士が非常ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。事故の影響で米原―姫路間で上下線とも一時運転を見合わせ、午前7時10分に運転を再開した。この影響で、上下線29本が運休したほか、84本に最大101分の遅れが出て、ラッシュ時の通勤・通学客ら約8万4千人に影響が出た。