加藤茶「すごくワクワクしている」 ドリフを愛するサンドウィッチマン、劇団ひとり、遠藤憲一らが人気コントに挑戦  - 産経ニュース

メインコンテンツ

加藤茶「すごくワクワクしている」 ドリフを愛するサンドウィッチマン、劇団ひとり、遠藤憲一らが人気コントに挑戦 

「泥酔飲み屋」でのサンドウィッチマン(右側)ら(C)フジテレビ
「泥酔飲み屋」でのサンドウィッチマン(右側)ら(C)フジテレビ


ザ・ドリフターズを愛してやまない30人を超える芸能人たちがドリフの名作コントに挑む「ドリフに大挑戦スペシャル」(26日後7・0)。フジテレビはこれまでもスペシャル番組でさまざまなコントを放送してきたが、今回はリーダー・いかりや長介さん(2004年3月死去)の当時の“前フリ”でコントが始まるなどその世界観を3時間余すところなく届ける。

おなじみの“もしもシリーズ”にはサンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)、カンニング竹山、劇団ひとり、さらに俳優の遠藤憲一らが出演する。

「少年少女合唱隊」のクリスタル・ケイ(C)フジテレビ
「少年少女合唱隊」のクリスタル・ケイ(C)フジテレビ

ほかにも「威勢の良い風呂屋」「寝ちゃダメ」など体を張ったコントが盛りだくさん。「少年少女合唱隊」の“早口言葉”にはクリスタル・ケイ、天童よしみら、「早着替え」にはIKKO、渋谷凪咲(NMB48)らが参加する。

昨年3月に志村けんさんが亡くなり、加藤茶は「長さん、志村もいなくなったドリフで新しくコントをやるってことは正直、想像もしていなかった。当時の僕らがやってきたことを越えるってことは難しいと思うし、マネできるわけがないという自信もあった」と語ったあと、「でも今回、そんな難しいことを小さい頃に見て、笑ってくれていた芸人さんや役者さん、歌手の方々が僕らと一緒にコントにチャレンジしてくれると聞いて不安もあるけれど、すごくワクワクしている」とコメントを寄せた。

珠玉のコントに挑んだひとりは緊張の面持ちで「僭越ながら自分なりの“ダメだこりゃ”を言わせていただいた。当時の映像を見ると、とにかくドリフのみなさんの威勢がすごい。だから我々も威勢だけは負けないように声出しを徹底してやらせていただいた。楽しかった」と大満足の様子。

サンドウィッチマンは「本当に光栄」と感慨無量で「タライが落ちてくる、パイを投げる…ああいうコントをやりたくてお笑いやってるんでね。受け継いでいかないといけません。きっと志村さんも喜んでくれると思う」(伊達)「ドリフのみなさんに見られて“そうじゃないんだよな”とか言われたらどうしようって思ったりもするけど…子供たちって体を張ったコントを見て笑う。それって本能的に面白いもんだなって感じてるんじゃないかな」(富澤)などとそれぞれ話していた。

志村さんの偉業をたたえる「志村けんの大爆笑展」東京展が10月2日から17日まで松坂屋上野店で開催される。

(産経デジタル)