中国のTPP加入「歓迎すべき」大商会頭 - 産経ニュース

メインコンテンツ

中国のTPP加入「歓迎すべき」大商会頭

会見する大阪商工会議所の尾崎裕会頭=17日、大阪市内(黒川信雄撮影)
会見する大阪商工会議所の尾崎裕会頭=17日、大阪市内(黒川信雄撮影)

大阪商工会議所の尾崎裕会頭(大阪ガス相談役)は17日の記者会見で、中国が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)加入を正式申請したと発表したことについて、「中国は世界の経済を構成する大きな国、要素。TPPに加盟することは、国際的な枠組みに入ることであり、歓迎すべきことだ」と述べた。

また、尾崎氏は「米国はTPPから抜けてしまったが、これを機に米国もTPPに戻って、多くの国が助け合っていければいい」とも話した。

中国がTPPに加われば、日本から中国への輸出品の関税が減免されるなどし、中国との貿易が多い関西企業も恩恵を受ける可能性がある。

ただ、TPPは貿易や投資のルールに高い透明性や公平性を求めており、国有企業の優遇措置をとるなどしている中国が加入の基準をクリアすることは難しいともみられている。

一方、17日告示された自民党総裁選について尾崎氏は、「今は非常に政治的、経済的に難しいとき。ここでかじ取りを誤ると、日本経済は相当大きな傷を負う。新総裁に誰がなるのかは分からないが、その事実を十分に認識していただきたい」と述べた。