ワクチン4800回分廃棄 三重、冷凍庫管理ミス - 産経ニュース

メインコンテンツ

ワクチン4800回分廃棄 三重、冷凍庫管理ミス

三重県は17日、冷凍庫の温度管理ミスで、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン4800回分を廃棄することになったと発表した。

県によると、津市の集団接種会場で15日、搬入されたワクチンを、県が設置した専用冷凍庫に保存。停電対策として非常用電源を使用していたが、施設管理者がブレーカーを落とし、庫内の温度が適正値を超えた。

県は、施設管理者との間の確認不足が原因として「県民に多大なご心配をお掛けし申し訳ない」と陳謝した。