群馬県知事は河野氏、保守派は高市氏推し

総裁選が告示され、自民党県連本部も選挙作業に追われた=前橋市(柳原一哉撮影)
総裁選が告示され、自民党県連本部も選挙作業に追われた=前橋市(柳原一哉撮影)

自民党総裁選が17日告示され、群馬県内でも本格的な論戦が始まった。争点は新型コロナウイルス禍への対応などに加え、次期衆院選の顔を選ぶ意味も持つ。党関係者らは選挙期間中、政策を見極めながら、意中の候補への支持を働きかける動きが活発化しそうだ。投開票は29日に行われる。(柳原一哉)

立候補したのは、河野太郎ワクチン担当相(58)▽岸田文雄前政調会長(64)▽高市早苗前総務相(60)▽野田聖子幹事長代行(61)-の4氏。選挙戦は国会議員票(383)と「地方票」の党員・党友票(383)の計766票で争う。1位候補が過半数に達しなければ上位2人の決選投票を実施し、都道府県連も各1票を投じる。

総裁選をめぐり、県内では山本一太知事がいち早く河野氏支持を表明。長引くコロナ禍への対応などリーダーシップに期待したいとし、今後、県選出国会議員、県議、市議らのほか、自身の後援会を通じた支持拡大の働きかけを進めていく。

県選出の清水真人参院議員は野田氏の推薦人に名を連ねた。障害者政策などを念頭に「幅広い議論を喚起していきたい」と語った。

総裁選に注目が集まったことで「雰囲気が変わった」と自民県議の一人は衆院選への「追い風」を期待する。「論戦でポストコロナの道筋をどう示すか。希望を灯す政策を打ち出す候補を見定めたい」とした。

70代の男性党員は、より保守政党らしさを求めていくため「安倍晋三元首相に思想信条が近い高市氏を選ぶ」。別の党員は「改革派の候補には抵抗感がある」とし、女性首相の誕生に期待感を示した。

総裁選は4氏の出馬により混戦模様となっている。世論調査で「次の首相」として支持を集める河野氏が有利との見方もあったが、山本知事が「(党内の)権力闘争は甘くない。厳しい戦いになる」と話すなど、見通しづらい情勢だ。

党県連は17日、選挙人に投票用紙を発送した。昨年の総裁選では菅義偉首相と自民県議団のオンライン集会が開催されたが、今回は県連レベルの企画は予定されていないという。