米台加入模索のはずが…TPP苦慮の議長国日本 - 産経ニュース

メインコンテンツ

米台加入模索のはずが…TPP苦慮の議長国日本

西村康稔経済再生担当相=10日午前、首相官邸(春名中撮影)
西村康稔経済再生担当相=10日午前、首相官邸(春名中撮影)

中国が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への加入を正式に申し入れたことで、TPP議長国の日本も難しいかじ取りを迫られることになった。6月に加入交渉が始まった英国に加え、半導体製造などで強みを持ち、加入に前向きな台湾も取り入れ、サプライチェーン(供給網)の「対中包囲網」を築くはずが、その算段が崩れる可能性があるためだ。

閣僚級会合「TPP委員会」の議長を務める西村康稔経済再生担当相は17日の閣議後記者会見で「(中国が)極めて高いレベルのルールを満たす用意ができているかどうかしっかり見極める必要がある」と慎重に臨む姿勢をにじませた。

もともとTPPは米国のオバマ政権が中国の台頭に対抗して推し進めた経緯がある。一国主義を掲げるトランプ前政権下で米国は離脱したが、日本がその理念を継ぐ形で主導。半導体の供給網などをめぐり中国排除を目指すバイデン政権の誕生を踏まえ、米国の復帰を促すとともに半導体産業が集積する台湾の加入を後押しするのが日本政府の基本戦略とみられている。

ただ、米国のサキ大統領報道官は16日、「(中国の加入を認めるかは)加盟国の判断に委ねる」と同協定と距離を置く姿勢を改めて示した。中国は、TPP加入に当たり、ベトナムやマレーシアで一部例外が認められたことを盾に、自国にも例外を認めるよう求めてくる可能性もあり、今年の議長国として日本には高いレベルの自由貿易ルールを守っていく姿勢が求められている。(那須慎一)