「純烈」リーダー脅迫疑い 警視庁、ファンの女逮捕 包丁やパンツ

純烈の酒井一圭さん
純烈の酒井一圭さん

NHK紅白歌合戦にも出場した男性歌謡グループ「純烈」リーダーの酒井一圭さん(46)に切り刻んだ男性用パンツや包丁を郵送したとして、警視庁渋谷署は16日までに、脅迫の疑いで千葉県船橋市前原東の職業不詳、三井由起子容疑者(65)を逮捕した。

署によると、三井容疑者は約2年半前からファンクラブの会員で「応援する別のメンバーをばかにしたような発言をしているのが許せなかったので、改心してほしかった」と供述している。

逮捕容疑は6月、渋谷区にある酒井さんの所属事務所に、刃渡り約15センチの包丁や男性用パンツ、「あなたを無傷で終わらせません」などと書いた脅迫文を送った疑い。

同15日に所属事務所が署に相談し、消印や周辺の防犯カメラの映像などから三井容疑者が浮上した。