【産経抄】9月16日 - 産経ニュース

産経抄

9月16日

沖縄の詩人、山之口貘の「世はさまざま」に「うむまあ」なる木が登場する。「木としての器量はよくないが詩人みたいな木なんだ/いつも墓場に立っていて/そこに来ては泣きくずれる/かなしい声や涙で育つという」

▼作中の「詩人」を「記者」と言い換えてもいいのかもしれない。駆け出しのころ、記者の真価は人が亡くなったときに何を書くかで試されると教わった。不幸を糧とする後ろめたさに変わりはない。

▼僚紙夕刊フジに、江尻良文というプロ野球一筋50年の記者がいる。11日、72歳で死去した。その前夜、ソフトバンクの柳田悠岐選手が頭部に死球を受け、自力でベンチに歩く姿に王貞治さんの現役時代を重ねた原稿が絶筆となった。

ランキング

  1. 【動画】河野氏の「増税」と「脱原発」に質問集中 総裁選討論会
  2. 河野氏、党員支持48%最多 岸田氏18%、高市氏15%
  3. 台湾有事、憲法、皇位継承…自民総裁選候補の主張は
  4. iPhone13、ドコモが3万4232円から 大手3社で最安値
  5. 11年目の意外な実力とは 新型ニッサン・エルグランド・オーテック試乗記
  6. 【総裁選 政策を競う】ロックダウン賛否 コロナ対策
  7. 【総裁選ドキュメント】首相&二階氏対「3A」代理戦争の様相
  8. 中国恒大、幹部6人を処分 投資商品を前倒し償還
  9. 甘利氏「ワクチン迷走といわれた担当相の評価が上がるとは」 総裁選で河野氏に皮肉
  10. 【孤高の国母】(115)昭和天皇は母と不仲だったのか 側近が語る母子関係

メインコンテンツ