大阪万博の公式グッズ発表 ショップもオープン - 産経ニュース

メインコンテンツ

大阪万博の公式グッズ発表 ショップもオープン

近鉄百貨店あべのハルカス近鉄本店にオープンする大阪・関西万博の公式グッズショップ=16日午前、大阪市阿倍野区(永田直也撮影)
近鉄百貨店あべのハルカス近鉄本店にオープンする大阪・関西万博の公式グッズショップ=16日午前、大阪市阿倍野区(永田直也撮影)

日本国際博覧会協会は16日、運営主体となる2025年大阪・関西万博に向けた初の公式ライセンスグッズを発表した。同日から近鉄百貨店あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)2階の特設ショップで販売開始。グッズには昨年8月の公表後に話題を呼んだ細胞をモチーフにしたロゴが入っており、新たな大阪土産になりそうだ。

近鉄百貨店あべのハルカス近鉄本店にオープンする大阪・関西万博の公式グッズショップ=16日午前、大阪市阿倍野区(永田直也撮影)
近鉄百貨店あべのハルカス近鉄本店にオープンする大阪・関西万博の公式グッズショップ=16日午前、大阪市阿倍野区(永田直也撮影)

グッズはTシャツやマスク、ノートなど計44点。大阪市のデザイナー集団「TEAM INARI(チーム イナリ)」が「いのちの輝き」をテーマに制作したロゴが入り、一部には再生紙など環境に配慮した原材料を使用している。28日まで特設ショップで販売し、近鉄百貨店の各店やオンラインショップでも順次販売を始める。

発表会に出席した井上信治万博相は「多くの国民がグッズを身に付けて愛着を感じ万博をより身近に感じてほしい」と話していた。