台風、17日に九州接近へ 週末の列島は天気大荒れ

15日午後11時現在のひまわり雲画像
15日午後11時現在のひまわり雲画像

台風14号は15日、九州の一部や五島列島などを風速15メートル以上の強風域に巻き込み、東シナ海でほとんど停滞した。16~17日に北上を再開し、温帯低気圧に変わって九州北部に近づく恐れがある。

気象庁によると、台風から変わる温帯低気圧は、17日から18日午後にかけて、西日本から東日本を通過し、三陸沖へ進む見込み。西日本から北日本で大雨の恐れがあり、土砂災害や浸水、川の増水・氾濫に警戒が必要だ。その後、天気は西から回復しそうだ。

17日午後6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で四国200~300ミリ、九州北部100~200ミリ、九州南部、近畿、東海100~150ミリ、中国50~100ミリ。

台風14号は16日午前0時現在、長崎県五島市の南西約410キロの海上でほとんど停滞。中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速23メートル、最大瞬間風速は35メートル。風速25メートル以上の暴風域はなくなった。