【産経抄】9月15日 - 産経ニュース

産経抄

9月15日

「月刊正論」10月号の巻頭対談「勝てる軍事力を持て」を読んで、背筋が寒くなった。中国は中距離弾道ミサイル、巡航ミサイルを約1800発保有する。ロシアや北朝鮮はもちろん、台湾、韓国もより短い距離なら持っている。

▼韓国の場合ミサイルの射程を800キロまでに制限されていたが、最近の米韓首脳会談で撤廃が決まった。これに対して自衛隊が持つミサイルは離島防衛用であり、日本領土の離島でしか使えない。つまり敵基地を攻撃できない。この地域でミサイルの抑止力を持っていないのは、日本だけだというのだ。

▼そこで飛び込んできたのが、北朝鮮が新型の長距離巡航ミサイルの試験発射を成功させたとのニュースである。1500キロの飛行といえば、日本の大半が射程に入る。日本は従来、北朝鮮の弾道ミサイルによる攻撃を想定してきた。弾道ミサイルはロケットエンジンで成層圏まで打ち上げ一気に落下させる。

ランキング

  1. 関西スーパー争奪 話題の激安オーケーの選択
  2. 11年目の意外な実力とは 新型ニッサン・エルグランド・オーテック試乗記
  3. 【動画】河野氏の「増税」と「脱原発」に質問集中 総裁選討論会
  4. 仏外相、対米豪「重大な危機」と警告 NATOへの影響明言
  5. 【総裁選ドキュメント】首相&二階氏対「3A」代理戦争の様相
  6. 台湾有事、憲法、皇位継承…自民総裁選候補の主張は
  7. 河野氏、党員支持48%最多 岸田氏18%、高市氏15%
  8. iPhone13、ドコモが3万4232円から 大手3社で最安値
  9. 中国恒大、幹部6人を処分 投資商品を前倒し償還
  10. 【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】(840)新味なく、つまらぬ総裁選報道

メインコンテンツ