乳児殺害の母に懲役7年求刑「無責任さが事件招く」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

乳児殺害の母に懲役7年求刑「無責任さが事件招く」

東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

令和元年11月に羽田空港のトイレで出産直後の女児を殺害し、東京都港区の公園に埋めたとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた神戸市西区の無職、北井小由里被告(23)の裁判員裁判公判が15日、東京地裁(野原俊郎裁判長)で開かれ、検察側は「のどにトイレットペーパーの塊を繰り返し詰めており、殺意は非常に強固だった」として懲役7年を求刑した。弁護側は執行猶予付きの判決を求めて結審。判決は24日に言い渡される。

検察側は論告で、北井被告がトイレットペーパーの塊を女児ののどに3回にわたって詰め込んだ上で、さらに首を絞めて殺害したと指摘。出産の約2カ月前に母親の説得を受けて産婦人科を受診したにも関わらず、母親に「妊娠していない」と噓をついた点を挙げ、「母親からのサポートを放棄して漫然と出産した無責任な態度が事件を招いた」と非難した。

一方、弁護側は最終弁論で、被告は知的能力に疑問があるとしたうえで「彼女に必要なのは適切な支援だ」と強調。この日に保釈の許可決定が出たことを明かし「刑務所に入るのではなく、家で常識を身につけ、家族と相談する練習をさせてほしい」と訴えた。

最終意見陳述のため証言台に立った北井被告は、荒い呼吸のまま「本当に赤ちゃんに対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。私の話を最後まで聞いてくれてありがとうございます」と述べ、涙をぬぐった。