パナ、グランフロント大阪の展示場閉館へ コロナ禍で集客見込めず - 産経ニュース

メインコンテンツ

パナ、グランフロント大阪の展示場閉館へ コロナ禍で集客見込めず

今年度中に閉鎖される「パナソニックセンター大阪」=15日午前、大阪市北区(鳥越瑞絵撮影)
今年度中に閉鎖される「パナソニックセンター大阪」=15日午前、大阪市北区(鳥越瑞絵撮影)

パナソニックが大阪駅北側の大型複合施設に入るショールームを今年度中に閉館する方針を固めたことが15日、分かった。グランフロント大阪にある「パナソニックセンター大阪」で、新型コロナウイルス禍で休業が続く中、今後の集客が見込めないと判断したとみられる。

パナソニックセンター大阪は平成25年、グランフロント大阪の開業と同時に核テナントとしてオープンした。パナソニックのショールームとしては国内では最大規模で、南館の地下1階と地上1、2階に入居している。最新家電や住宅設備の見学ができるほか、カフェも併設している。

今年4月には累計の来場者が1500万人を突破したが、コロナ禍でショールームの機能が十分に発揮できない中、費用面からも運営の継続は難しいと判断。今後はオンラインでの商品案内やセミナー開催に切り替えるとみられる。