伊藤蘭、〝伝説の聖地〟で44年ぶりコンサート - 産経ニュース

メインコンテンツ

伊藤蘭、〝伝説の聖地〟で44年ぶりコンサート

44年ぶりに日比谷野音でコンサートを開く伊藤蘭(ソニー・ミュージックダイレクト提供)
44年ぶりに日比谷野音でコンサートを開く伊藤蘭(ソニー・ミュージックダイレクト提供)

キャンディーズの元メンバーで、歌手、女優の伊藤蘭が、〝伝説の聖地〟に再び立つ。東京の日比谷野外音楽堂。44年前、「普通の女の子に戻りたい」とキャンディーズが解散を宣言した因縁深い場所だ。伊藤は26日、歌手として初めてそこに戻り、コンサートを開く。「あの場所で、再び皆さんと音楽を楽しめるのは喜びです」と語る伊藤に、改めて歌にかける思いを聞いた。

× × ×

コンサートは、新作アルバム「Beside you」を、今月1日に発売したのに伴うものだ。

伊藤はキャンディーズが昭和53年に解散した後、女優の道に進んだが、一昨年、「年齢を含め、これが最後のタイミング」と思い立ち、解散から41年ぶりとなる歌手活動を再開していた。初めての個人名義のアルバム「My Bouquet」を出し、話題になった。

今作はこれに続く2作目だ。前作を出し、コンサートを開くなどするうち、伊藤の中で歌に対する意欲がどんどん膨らんだ。歌の世界観をもっと広げたい。その結果、前作とは味わいを変えた2作目ができた。

トータス松本、布袋寅泰(ほてい・ともやす)らが曲を提供。また、伊藤が〝キャンディーズの同期〟と呼ぶベテラン作詞家、森雪之丞(もり・ゆきのじょう)が3曲で作詞し、自身も2曲で歌詞を書いた。

アルバムタイトルの意味は、「あなたのそばに」。コロナ禍だが、歌だけでもファンのそばに届けたい。そんな思いを込めた。

× × ×

この新作に伴うコンサートを東京と大阪で開く。チケットが人気で、追加公演が決まった。その会場にスタッフが選んだのが日比谷野音だった。「あの日」の会場だと知ってのことだが、聞かされた伊藤は動揺した。

「あそこに立つのは無理だと思いました。どういう心持ちで立てばいいのか。どんな意味があるのか。繰り返し自問しました」

伊藤、そして藤村美樹と田中好子。キャンディーズは、昭和を代表する3人組のスーパーアイドルだったが、52年にコンサートで突然、解散を宣言して世間を驚かせた。周囲には黙っていた。若い歌手が自分たちの意思を率直に表明することが珍しかった頃だ。

その「解散宣言」の会場が、千代田区の日比谷野音だった。

「解散します」という宣言に客席が騒然とするなか、22歳の伊藤が泣きじゃくりながら、思いを言葉にして叫んだ。

「普通の女の子に戻りたい」

だが、3人は普通の女の子には戻らなかった。

伊藤と田中は女優に転身し、藤村は歌を出した。ただ、キャンディーズに戻ることはなかった。藤村は芸能界を退き、田中は病のため亡くなった。

× × ×

その場所にどうして戻れるのか? 伊藤は悩み続けたが、「私たちが自分たちの思い通りに解散できたのは、ファンの皆さんの支えがあったから」という答えを見つけた。

キャンディーズは宣言の9カ月後、コンサートで「本当に私たちは幸せでした」という言葉を残して解散した。この間、ファンはいよいよ熱狂し、キャンディーズの人気は最高潮に達した。

ファンがあってこそのキャンディーズだ。だから、伊藤は「44年間、私たちもファンの皆さんも、それぞれの人生を歩みましたが、『あの日』という共通の思い出がある。そんな皆さんと、再びあそこに集まって音楽を楽しめるなら、それは喜びの時間になるに違いない」と考えた。

伊藤は、あの場所へ、44年ぶりに戻ることを決めた。

× × ×

いま、伊藤は「私にとって歌うことは、生きること」だという。一方で「歌うことは、自分を見つめ直すこと。苦しいこともある」とも。

コンサートでは「年下の男の子」をはじめとするキャンディーズのヒット曲を必ず披露する。客席は大いに盛り上がるが、伊藤は、3人で歌った楽曲を一人で歌うことの深い孤独を思い知らされたという。

だが、「キャンディーズの楽曲を歌うとき、2人は必ずそこにいるんです。私は、2人を感じたい。だから、これからもキャンディーズの楽曲を歌い続けます」と決意を明かす。

「〝人生の店じまい〟の年頃ですが、歌えば残りの人生も楽しく豊かなものになる」と言って笑う。あははは、とよく笑う。明るく朗らかな笑い声は、キャンディーズの頃と変わらない。

「コロナ禍でも、歌があるから希望をもてる。課題を乗り越えようという情熱や意欲が生まれる。私がエネルギーをたたえていられるのは、歌を再開したからです」

歌を再開したことに迷いはない。それどころか、「すでに次回作に向けて意欲満々です!」と笑うのだった。

コンサートは大阪・フェスティバルホール(20日)、東京・中野サンプラザホール(10月28日)で。特別公演として東京・日比谷野外音楽堂(9月26日)が追加された。