米国から拳銃部品を密輸、容疑で30歳男逮捕 - 産経ニュース

メインコンテンツ

米国から拳銃部品を密輸、容疑で30歳男逮捕

神奈川県警本部
神奈川県警本部

神奈川県警は15日、米国から拳銃の部品を輸入したとして、銃刀法違反(部品輸入)容疑で、名古屋市北区東味鋺(あじま)、無職、伊藤佑坪容疑者(30)を逮捕した。県警によると「密輸したつもりはなかった」と容疑を否認している。

逮捕容疑は6月12日、拳銃の主要な部品として所持などが規制されている「機関部体」と呼ばれる部品を米国から発送させ、輸入したとしている。

県警によると、伊藤容疑者はインターネットのサイトを通じて部品を購入。逮捕前には「サバイバルゲームに使うエアソフトガン(エアガン)に装着したかった」といった趣旨の説明をしていた。