大分「行ったことある」 79歳撲殺疑いの長崎大生 - 産経ニュース

メインコンテンツ

大分「行ったことある」 79歳撲殺疑いの長崎大生

送検のため佐賀県警鳥栖署を出る山口鴻志容疑者=15日午前
送検のため佐賀県警鳥栖署を出る山口鴻志容疑者=15日午前

佐賀県鳥栖市で女性(79)を鈍器で殴り、殺害したとして、殺人の疑いで逮捕された長崎大4年、山口鴻志(こうし)容疑者(25)が、自首した警察署がある大分県について「昔行ったことがある」という趣旨の供述をしていることが15日、捜査関係者への取材で分かった。佐賀県警は同日、山口容疑者を送検した。

山口容疑者は事件前日の9日に自宅がある長崎市を出た後、福岡市や現場の鳥栖市などを転々と移動しており、県警は土地勘の有無を含め、詳しい足取りを調べている。

一方、佐賀県警や捜査関係者によると、山口容疑者は現場を「初めて訪れた」と説明。殺害された無職、大塚千種さんと面識はなく「殺せる人を探していた」という趣旨の供述をしている。