西武の栗山に名球会ブレザー 野茂氏から授与される - 産経ニュース

メインコンテンツ

西武の栗山に名球会ブレザー 野茂氏から授与される

西武・栗山巧(左)の名球会ブレザー贈呈プレゼンターを現役時代に自主トレを行っていた野茂英雄氏が務めた=メットライフドーム(球団提供)
西武・栗山巧(左)の名球会ブレザー贈呈プレゼンターを現役時代に自主トレを行っていた野茂英雄氏が務めた=メットライフドーム(球団提供)

4日に通算2千安打を達成した西武の栗山巧外野手は15日、メットライフドームでの日本ハム戦の前に行われた名球会入りの記念セレモニーで、日米通算201勝の野茂英雄氏からブレザーを贈られた。「憧れの野茂さんから授与してもらいこの上ない喜びを感じている。一層身が引き締まる思い。これからも目の前の一打席に集中して積み重ねていきたい」と感慨に浸った。

パーソナルトレーナーが同じで一緒にトレーニングするなど親交のある野茂氏は「残り10本くらいから、いつ(2千安打目が)出るのか楽しみにしていた。一年、一日でも長く野球をやってほしい」とコメントした。大型ビジョンには動画でゆかりのある土井正博氏、鈴木啓示氏、秋山幸二氏のお祝いコメントが流された。