1年半ぶりブロードウェー本格再開「復活の夜」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

1年半ぶりブロードウェー本格再開「復活の夜」

14日、本格再開したブロードウェーのバリモア劇場前で、ワクチン接種証明のチェックを受ける観客(中央)=米ニューヨーク(共同)
14日、本格再開したブロードウェーのバリモア劇場前で、ワクチン接種証明のチェックを受ける観客(中央)=米ニューヨーク(共同)

新型コロナウイルスの感染拡大で昨年3月から興行を中止していた米ニューヨーク市の劇場街ブロードウェーが14日、約1年半ぶりに本格再開した。芸術・文化の〝世界首都〟であるニューヨークにミュージカルの歌声が戻り、デブラシオ市長は「復活の夜だ」とたたえた。

マンハッタンのタイムズスクエアを中心としたエリアに40余りの劇場が集中するブロードウェーは「ニューヨークの鼓動」(俳優のヒュー・ジャックマン)と表現されるように、もっとも活気あふれる観光スポットだ。

2度の世界大戦の最中も興行を続け、2001年の米中枢同時テロの際も「日常を取り戻す」と2日後に再開、「テロに屈しないニューヨークの象徴」となった。それだけに18カ月もの休演は異常事態で、公演再開はニューヨークが日常を取り戻す意味合いも持つ。

ニューヨーク州ではワクチンの必要回数を接種した人が6割を超えたが、感染防止対策として観客、出演者、スタッフ全員にワクチン接種済の証明提示が求められ、観客はマスクをして観劇する。接種対象となっていない12歳未満の子供や健康や宗教上の理由で接種できない人も陰性証明を示せば観覧できる。

この日は、人気ミュージカルの「ハミルトン」「ライオンキング」「ウィキッド」などが公演を再開。地元紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は「ブロードウェー史上最長の閉鎖が終わった」と興奮気味に伝えた。

ハミルトンを上演するリチャード・ロジャース劇場では開演3時間前から、証明書チェックを受ける観客が列をつくった。ファンサービスで演者が姿をみせると大歓声が上がり、西部コロラド州から訪れていたジェシカ・ペインさんは「とてもうれしい」と声を弾ませた。

業界団体ブロードウェー連盟によると、2018~19年には1480万人の観客を動員、興行収入は18億3千万ドル(約2005億9千万円)に上った。大リーグのヤンキースやメッツなどニューヨークに拠点を置くプロスポーツと比べても経済効果の高い存在だが、客足がすぐにコロナの感染拡大前の水準に戻るかは不透明だ。

ブロードウェーに続き、今月末にはリンカーンセンターのメトロポリタン歌劇場でも新シーズンがスタート、芸術の秋が復活する。(ニューヨーク 平田雄介)