木村拓哉は「歩く男性ホルモン」 “ホンマでっか”SPでさんまとトーク炸裂 - 産経ニュース

メインコンテンツ

木村拓哉は「歩く男性ホルモン」 “ホンマでっか”SPでさんまとトーク炸裂

公私ともに仲がいい木村拓哉(左)と明石家さんま(C)フジテレビ
公私ともに仲がいい木村拓哉(左)と明石家さんま(C)フジテレビ

15日の「ホンマでっか!?TV」(水曜後9・0、フジテレビ系)は、木村拓哉スペシャルとして放送する。プライベートでも仲がいい明石家さんまMCとのトークはみものだ。

ゲストで登場した木村は2つのコーナー“捨てられないもの発表会“と”ビーバップホンマでっか”に参加。「いつか捨てなきゃと思うのだけれど、どうしても捨てられないもの」をスタジオに持参し、評論家が捨てられないエピソードから人間性や性格を分析していく。

木村を神格化しているりんたろー。(EXIT)は「私の捨てられないものは、キムタクです」と宣言。木村が着ていた洋服を爆買いしているエピソードなどを披露する。

そんななか、木村が持参したのは、過去の出演番組「挑戦!木村拓哉22歳カウボーイ体験記」(1995年、フジ系)での品。馬にも乗れない状態でアメリカに渡った木村が、もともと興味があったネイティブ・アメリカンのカルチャーに触れ、部族の儀式に参加したときの話を披露。スタジオで持参品を目にした木村ファンの小杉竜一(ブラックマヨネーズ)は「歴史上のものが出てきた」と立ち上がって叫ぶ。

途中、認知科学の評論家・中野信子が「高価なものを身に着けている人は “男性ホルモン”が出る可能性がある。男性ホルモンは多い方が仕事に意欲的になる」などの傾向を伝える。

さらに「ブランド物を身に着けてもその価値を理解していることが大切」と聞かされ、そんな意識のないさんまはがっかり。しかし、中野は「“明石家さんま“という名前のブランドもある」とつけ加える。喜んださんまが「木村もそう…」とふると、中野は木村のことを「もちろん。“歩く男性ホルモン”みたい」と表現する。

次のコーナー“ビーバップ“は、木村の疑問から生まれた企画だった。ヤンキーの実写やコミックがなぜ一定の周期ではやるのか。木村やレギュラー陣は自分たちが高校生だった当時の学生服に着替えて登場し、欧米人は実は“ヤンキー座り”ができないなど話が盛り上がる。

(産経デジタル)