救急車の走行妨害疑い 「サイレンうるさかった」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

救急車の走行妨害疑い 「サイレンうるさかった」

秋田県警は15日、車道に入って立ち止まり、救急車などの走行を繰り返し妨害したとして、道交法違反(道路における禁止行為)の疑いで秋田市の20代男性会社員を書類送検した。県警によると、「サイレンがうるさくて、嫌がらせをしようと考えた」と供述しているという。

書類送検容疑は5月8日~7月31日、計6回にわたり、緊急走行中の救急車や救助工作車の進路となる車道に徒歩で入り、立ち止まるなどして走行を妨害したとしている。