北朝鮮ミサイル発射に厳重抗議と強い非難 加藤長官 - 産経ニュース

メインコンテンツ

北朝鮮ミサイル発射に厳重抗議と強い非難 加藤長官

記者会見する加藤官房長官=15日午前、首相官邸
記者会見する加藤官房長官=15日午前、首相官邸

加藤勝信官房長官は15日午後の記者会見で、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受け、中国・北京の大使館ルートを通じ厳重抗議と強い非難を伝えたことを明らかにした。「わが国の地域の平和と安全を脅かすものであり、言語道断だ。このような弾道ミサイル発射は関連する国連安全保障理事会決議に違反するものであり、極めて遺憾だ」と述べた。

政府は当初、弾道ミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)外の日本海に落下したと推定されると発表したが、加藤氏は「飛翔(ひしょう)距離などについては、変則的な飛翔の可能性も含め、引き続き分析している」と修正した。航空機や船舶への被害報告は確認されていないことも明らかにした。

北朝鮮側の意図については「日本政府として断定的に答えるのは差し控えたい」と語った。同時に日米韓3カ国をはじめ、国際社会と緊密に連携しながら情報収集、警戒監視に全力を挙げる方針を強調した。

菅義偉(すが・よしひで)首相は同日夕、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を開き、情報の集約や対応を協議した。