高野連、天理に厳重注意 志望届提出前に阪神と面談 - 産経ニュース

メインコンテンツ

高野連、天理に厳重注意 志望届提出前に阪神と面談

日本高野連は15日、天理(奈良)の部員がプロ志望届を提出する前にプロ野球阪神のスカウトと面談したとして、誤った認識で面談を指示した同校の部長と監督に対し、厳重注意措置の指導を決めたと発表した。

日本高野連によると当該部員は春の選抜大会でも登板した達孝太投手で、指示に従って行動したとして責任は問わない。

高校の野球部員とプロ球団との関係についての規定では、部員がプロ球団との交渉を希望する場合は、前もって志望届を提出しなければならない。しかし天理の部長と監督は志望届を提出する予定であれば、提出前でも面談は可能と認識していたという。

8月31日、同校監督が視察に訪れた阪神スカウトから部員への進路調査書を受け取り、面談の日程を調整。部長が帰省中の達投手に電話で予定を伝え、9月7日に面談が実施された。同投手が志望届を奈良県高野連に提出したのは10日だった。