【動画】接種会場、場所を選ばず パチンコ店やワクチンカー(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

動画

接種会場、場所を選ばず パチンコ店やワクチンカー

大阪市のパチンコ店「フリーダム天六店」で行われたワクチン接種=14日午後、大阪市北区(一部画像処理しています)
大阪市のパチンコ店「フリーダム天六店」で行われたワクチン接種=14日午後、大阪市北区(一部画像処理しています)

新型コロナウイルスワクチンの2回の接種を完了した人が日本の人口の半分を超えるなど接種が進む一方で、自治体によっては予約が取りにくかったり、若者世代への接種が進まなかったりと課題も多い。そうした課題を解決しようと、自治体や民間企業ではさまざまなバリエーションでワクチン接種を進めている。

13、14の両日、ワクチン接種が行われたのは日本一長い商店街として知られる大阪市北区の天神橋筋商店街近くのパチンコ店「フリーダム天六店」。職域接種の一環で、店の従業員や商店街の組合員、近隣住民ら計約1500人が米モデルナ製ワクチンを接種した。10月中旬に2回目を予定している。

普段とは違い静かな店内では、事前予約した人が、遊技機の前で1席ずつ間隔をあけて待機。近くの病院から派遣された医師からの問診が終わると、そのまま席に座りながら注射を受けた。接種を終えた近くの主婦(53)は、「換気もしっかりされていて安心だった。初めてのパチンコ店で、15分の経過観察もあっという間だった」と話していた。

4日間の休業で店側に出る損失は数千万円になるが、パチンコ店の運営会社「アバンス」の内藤新二郎さん(50)は「幼い子供を持つ母親から感謝の言葉も受けた。コロナ禍でパチンコ店に批判的な人々は増えていたが、少しでも地域に貢献できたらうれしい」と話す。

大阪府豊中市は、若い世代のワクチン接種を加速させるため、医師や看護師らが乗る「ワクチンカー」を希望の場所まで派遣して、車内で接種してもらう取り組みを始めた。