政府、台湾にワクチン追加供与 東南アジアにも - 産経ニュース

メインコンテンツ

政府、台湾にワクチン追加供与 東南アジアにも

茂木敏充外相(春名中撮影)
茂木敏充外相(春名中撮影)

茂木敏充外相は14日の記者会見で、台湾と東南アジアの3カ国に新型コロナウイルスワクチン計130万回分を新たに提供すると発表した。台湾に50万回分、ベトナムに40万回分、タイに30万回分、ブルネイに10万回分を送る。

茂木氏は「国内のワクチンの生産、使用状況や各国の感染状況を勘案し、引き続き海外への供与を進める」と述べた。

外務省によると、台湾にはこれまで340万回分、ベトナムに318万回分を供与している。