福岡園児熱中症死、県バス指針に複数体制、乗降確認徹底 - 産経ニュース

メインコンテンツ

福岡園児熱中症死、県バス指針に複数体制、乗降確認徹底

家宅捜索のため双葉保育園に入る福岡県警の捜査員=福岡県中間市
家宅捜索のため双葉保育園に入る福岡県警の捜査員=福岡県中間市

福岡県中間市の双葉保育園で、送迎バスに取り残された倉掛冬生(とうま)ちゃん(5)が熱中症で死亡した事件を受け、県が策定中の送迎バス運行に関する指針に、複数人体制での運行や児童の乗降確認の手順を盛り込むことが14日、関係者への取材で分かった。

バス送迎は保育施設と保護者の私的契約との位置づけで、国の統一基準はない。県は指針を基に各保育施設が運行マニュアルを整備することを想定している。

事件をめぐっては、前園長がバスを1人で運行し、出欠確認も不十分だったことが原因として指摘されている。関係者によると、指針では具体案として、運転手と添乗職員の複数体制とすることとし、利用児童の名簿を作成して乗降をチェックする。