【百貨店美術部】京都画壇の高島屋 美術が商売になった時代 - 産経ニュース

メインコンテンツ

百貨店美術部

京都画壇の高島屋 美術が商売になった時代

1912(明治45)年、100人の画家に桜をテーマに制作を依頼した作品が並ぶ「百桜画会」の会場風景。写っているのは高島屋美術部の人々(高島屋提供)
1912(明治45)年、100人の画家に桜をテーマに制作を依頼した作品が並ぶ「百桜画会」の会場風景。写っているのは高島屋美術部の人々(高島屋提供)

百貨店の成り立ちは大きくふたつに分けられる。ひとつは呉服店をルーツにするもの。三越や高島屋がこれに当たる。もうひとつが駅舎に電鉄会社が建てた電鉄系のデパートで、関西なら阪急、阪神や近鉄など。それらの百貨店で、美術品はいつごろから扱われるようになったのだろうか。

美術展のはじまり

最も早く現存作家を扱う美術展覧会を開いた百貨店は三越で、1908(明治41)年。翌年には高島屋も続いた。ともに明治後期に美術部門を創設しているが、背景には1907年に政府主催の美術展、文展が開催されたことがあったとみられる。

明治期には日本画、洋画ともに民間の美術団体が生まれ、活動も盛んになっていった。たとえば、日本画なら岡倉天心らの日本美術院(1898年)、洋画では黒田清輝(せいき)らの白馬会(1896年)が有名だ。

こうした美術界の盛り上がりに対応するかたちで生まれたのが文展で、三越も高島屋も、その動向を意識していた。

異なる目的

この両者では初め、展覧会の目的が異なっていた。

当初から絵画の販売を目的として展覧会を開いたのが三越。当時、絵画は依頼主が画家に制作を直接注文するため完成まで時間を要したが、三越は陳列された完成品を客が見て購入するという新しい方法を導入した。衣服でいえば、オーダーメードをレディーメードに切り替えたわけだ。

一方、高島屋は当主の飯田新七が発案した東西100人の著名作家に販売目的ではない絵を描いてもらって展示するという、純然たる展覧会を開催する。呉服の購入客へのサービス的な側面もあったのだろう。

「いずれにしても美術が商売になるという時代になったということ。画業で身を立てる人が増え、大衆も美術を求め始めた。豊かになって自室を飾り始めるようになったわけです」と、高島屋の中澤一雄美術部顧問は言う。

日露戦争(1904~05年)後の好景気で市民層が成長、それに合わせ三越や高島屋も呉服店から百貨店へ変貌してゆく中で、日本画を主軸とした美術品が新しい目玉商品として認識されるようになったという。

1911年に美術部を設け、美術品の商いを始める高島屋の動きは、その証といってもいい。

高島屋が開催した大正時代ごろの展覧会の風景(高島屋提供)
高島屋が開催した大正時代ごろの展覧会の風景(高島屋提供)
著名な画家

最初の文化勲章画家で、京都の画塾で上村松園(しょうえん)ら数多くの高名な弟子も育てた竹内栖鳳=せいほう=(1864~1942年)は若い頃、染織品の下絵を制作する画工として、高島屋に勤務していたことがある。

明治後期の生活様式は服装も和装、家も和風建築が主流。当然、展覧会の絵画も日本画が中心となっていた。三越に遅れてスタートした高島屋の展覧会に京都画壇の有力な画家を集めることができたのは、栖鳳の力があったからだといわれる。高島屋東京店美術部顧問だった中西嘉助は、日本画専門雑誌にこうつづっている。《高島屋が他の店に先んじて美術部をつくったのは明治四十四年であるが、これまた陰に陽に栖鳳先生のお力添へのあった結果である》

作家を育てる場

「われわれがキュレーター(学芸員)と違うのは、売らなければいけないということです」と中澤顧問。百貨店の美術担当の仕事は個展など展覧会を通じて作家との付き合いを深め、作品をしっかり理解すること。もちろん、それもこれもビジネスのためだ。

「美術品売り場は少し入りづらいでしょう? 見にこられる方はいても買われる方はほとんどいない。美術品はそう簡単に売れるものではありませんから。商談も応接間でお茶を飲みながら料金のやりとりをしているのです」(中澤顧問)

商談のとき、その知識がものをいう。

個展でまったく作品が売れないときもある。そうした場合、自分で購入したりもするという。「作品を預かった作家に申し訳ないなと思うんです。だから自分でかぶることもあります。それが責任の取り方。でも、もちろんサラリーマンができる範囲での分割払いですけど」(同)

そうした涙ぐましい話が作家の耳に入れば、彼らも納得するだろうし、次への励みにもなるに違いない。

百貨店は作家を育てる場でもあるのだ。

=次回は9月21日の予定