菅首相がこども庁創設に改めて意欲「今後も後押しする」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

菅首相がこども庁創設に改めて意欲「今後も後押しする」

菅義偉首相(春名中撮影)
菅義偉首相(春名中撮影)

菅義偉首相は14日、自民党の有志議員と官邸で面会し、子供関連施策の司令塔となるこども庁創設について「首相を辞めた後でもこども庁創設に向けてしっかり後押ししていく」と述べた。面会後、牧原秀樹衆院議員が記者団に明らかにした。

牧原氏らは首相に対し、こども庁創設などを盛り込んだ要望書を提出。自民党総裁選(29日投開票)でも各候補に子供関連政策を問うという。

首相は4月、こども庁創設に関し、自民党の二階俊博幹事長に党総裁直属の検討組織を設置するよう指示した。7月には加藤勝信官房長官をトップとした準備室を内閣官房に設けるなど、こども庁創設に強い意欲を示してきた。