「児童虐待」多様な視点で BS12「もつれた糸」17日放送 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「児童虐待」多様な視点で BS12「もつれた糸」17日放送

BS12トゥエルビのドキュメンタリー番組「もつれた糸 ―虐待通告 19万件の裏側で―」の一場面
BS12トゥエルビのドキュメンタリー番組「もつれた糸 ―虐待通告 19万件の裏側で―」の一場面

BS12トゥエルビは17日午後9時、児童虐待をさまざまな視点から見つめるドキュメンタリー番組「もつれた糸―虐待通告 19万件の裏側で―」を放送する。

番組では、「娘が児相(児童相談所)に連れていかれました」という母親らに取材。児童相談所からの通知には、「養育環境等調査のため保護を要する」という短い一文が記されているだけだったという。親の同意がなくても子供を引き離すことができるという、極めて強い権限である「一時保護」。子供から引き離された親の苦悩に密着する。

問題の背景には、年々増え続ける虐待相談がある。番組では、虐待にさらされる子供たちを受け入れる児童養護施設をはじめ、手を差し伸べようともがく人々の奮闘を取材。子育ての不安にかられる母親たちに寄り添う地方行政の取り組みなども紹介する。子供を救うためには、親も救われなければならない―という点も描かれている。

ナレーションを務めるのは俳優の高杉真宙(まひろ)さん。10月5日午後9時にも再放送予定。