天皇ご一家、新御所ご入居は20日ごろ コロナ禍で予定変更 - 産経ニュース

メインコンテンツ

天皇ご一家、新御所ご入居は20日ごろ コロナ禍で予定変更

宮内庁は14日、当初15日までとしていた天皇ご一家のご転居に伴う皇居・御所への荷物搬入作業について、20日ごろまで期間を延長すると発表した。現在、天皇ご一家は皇居内の宮殿に滞在しており、作業が終わり次第、御所で生活を始められる見通し。

宮内庁によると、天皇、皇后両陛下は、新型コロナウイルスの感染防止のため、業者や職員が密になったり、長時間作業をしたりしないようにとご配慮。また、職員の疲れがたまらないよう、ゆっくり作業をするようにと気遣われたといい、予定よりも余裕を持たせたスケジュールに変更した。

ご一家は代替わりに伴う引っ越しで、6日に旧赤坂御所をご退去。皇居・御所の準備が整うまでの間、宮殿に寝具を運び込むなどして生活されている。