福岡市、コロナ対策で改組へ - 産経ニュース

メインコンテンツ

福岡市、コロナ対策で改組へ

新型コロナウイルス禍への対応や今後の感染症対策を見据えた体制強化の一環として、福岡市が所管局の「保健福祉局」を改組する検討に入ったことが13日、市関係者への取材で分かった。福祉行政を実施する「福祉局(仮称)」と感染症対策などを担う「保健医療局(同)」に分割し、さらに同局には環境局所管の保健環境研究所も移管する構想だという。

福祉局はコロナ禍での貧困対策や障害者ら社会的弱者への対応力を強化する。一方、保健医療局では公衆衛生担当の医師を理事(局長級)に据える。感染症対策を最前線で担う保健所を統括する機能や危機管理能力の向上を狙う。

市は今年12月にも、関連する条例改正案を市議会に提出する方向で調整を進めている。