石破氏、総裁選への態度は15日に表明 - 産経ニュース

メインコンテンツ

石破氏、総裁選への態度は15日に表明

自民党の二階俊博幹事長との面会に臨む石破茂元幹事長=14日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
自民党の二階俊博幹事長との面会に臨む石破茂元幹事長=14日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

自民党の石破茂元幹事長は14日、党本部で二階俊博幹事長と面会し、党総裁選(29日投開票)への対応を15日に表明すると伝えた。出馬の是非は明らかにしなかったという。

面会後、石破氏が記者団に明らかにした。石破氏は、不出馬の意向を固めたとする一部報道について「今までそういう話をしたことは一度もない。私の態度に今の時点で変更はない」と述べ、総裁選への対応に関して「白紙」の立場を強調した。

「石破派(水月会、17人)のメンバー以外からも電話やメールで『推薦人になる』と申し出てくれる議員が推薦人に足るだけいる」とも述べ、立候補に必要な党所属議員20人の推薦人確保に自信を示した。

石破派は15日午後に国会内で臨時総会を行い、石破氏が所属議員に方針を伝える。その後、石破氏は記者会見を開く予定だ。