冬場に向け医療体制拡充へ 田村厚労相、自治体に促す方針 - 産経ニュース

メインコンテンツ

冬場に向け医療体制拡充へ 田村厚労相、自治体に促す方針

田村憲久厚労相(春名中撮影)
田村憲久厚労相(春名中撮影)

田村憲久厚生労働相は14日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念される冬場に向け、医療提供体制の拡充を急ぐ意向を表明した。流行第5波で病床が逼迫したことを踏まえ、臨時医療施設の整備や医療人材確保が重要だとして、都道府県に取り組みを促すよう近く通知する。

田村氏は、一般医療とコロナ医療を両立させるため「病床をしっかり補完する形で機能させていくために、臨時の医療施設や入院待機施設を整備していく」と強調。感染の急拡大時に備え、人材確保の仕組みをあらかじめ構築しておくよう求める考えも示した。

厚労省は病床確保計画の見直しも求める方針。