【正論】大統領選にみる韓国の非常識 龍谷大学教授・李相哲 - 産経ニュース

正論

大統領選にみる韓国の非常識 龍谷大学教授・李相哲

龍谷大学教授、李相哲氏
龍谷大学教授、李相哲氏

来年3月の次期韓国大統領選挙を控え約20人の候補が熾烈(しれつ)な戦いを繰り広げている。5年に1度は目撃する風景ではあるが過去に例をみない激しさだ。野党・国民の力は「政権交代がなければ韓国は滅びる」と有権者に訴えているが、一方の与党・共に民主党は「韓半島平和、不平等解消のためにも政権再創出は時代的責務だ」などと主張する。

大統領選に死活をかける理由

文在寅政権は、「積弊清算(長年積もった弊害を一掃する)」と称して前政権の高官を次々、拘束・起訴し、検察改革をはじめ私学制度、不動産や言論規制につながる新しい法律をつくり、政権を失えば改革は水の泡になると訴えるが、本当は報復を恐れている。

ランキング

  1. 河野氏、党員支持48%最多 岸田氏18%、高市氏15%
  2. 【動画】河野氏の「増税」と「脱原発」に質問集中 総裁選討論会
  3. 11年目の意外な実力とは 新型ニッサン・エルグランド・オーテック試乗記
  4. iPhone13、ドコモが3万4232円から 大手3社で最安値
  5. 台湾有事、憲法、皇位継承…自民総裁選候補の主張は
  6. 甘利氏「ワクチン迷走といわれた担当相の評価が上がるとは」 総裁選で河野氏に皮肉
  7. 中国恒大、幹部6人を処分 投資商品を前倒し償還
  8. 【総裁選ドキュメント】首相&二階氏対「3A」代理戦争の様相
  9. 仏高官「英は米の属国」と侮蔑 大使召還で英国を無視
  10. 岸和田だんじり祭、2年ぶり曳行 感染懸念、自粛の町も

メインコンテンツ