サウナ持ち込みの前池田市長を不起訴 大阪地検 - 産経ニュース

メインコンテンツ

サウナ持ち込みの前池田市長を不起訴 大阪地検

大阪地検特捜部などが入居する大阪中之島合同庁舎=大阪市福島区
大阪地検特捜部などが入居する大阪中之島合同庁舎=大阪市福島区

大阪府池田市庁舎への家庭用サウナの持ち込みなどで追及され辞職し、市議会調査特別委員会(百条委員会)で虚偽の証言をしたとして地方自治法違反などの罪で告発された冨田裕樹前市長(45)について、大阪地検特捜部は14日、嫌疑不十分で不起訴とした。

冨田氏をめぐっては、地方自治法違反罪のほか、百条委で、市の駐車場定期券を市民である後援会関係者に貸与し、無料で使用させていたことが発覚。これらが公職選挙法違反や業務上横領の罪にあたるとして告発されていた。

特捜部は不起訴の理由を、地方自治法違反罪について虚偽陳述の事実を認められないと説明。公選法違反と業務上横領の罪も「駐車券の貸与行為が利益供与に該当すると認めるのは困難」などとしている。