警察庁長官に中村氏が昇格 警視総監は大石氏 - 産経ニュース

メインコンテンツ

警察庁長官に中村氏が昇格 警視総監は大石氏

中村格氏
中村格氏

警察庁の松本光弘長官(60)と警視庁の斉藤実警視総監(59)が勇退し、新長官に中村格次長(58)、新総監に大石吉彦警備局長(58)を起用する人事が14日の閣議で了承された。発令は警視総監が16日付、長官が22日付となる。

大石吉彦氏
大石吉彦氏

中村氏は福岡県出身で昭和61年に警察庁に入った。和歌山県警や千葉県警、警視庁で捜査2課長を務めるなど刑事部門での勤務経験が長い。平成21年から27年まで、民主党と自民党の両方の政権で官房長官秘書官を務めた。その後、警視庁の刑事部長や警察庁の官房長などを歴任し、令和2年1月から次長に就いていた。

長官就任後は、来年4月に設置されるサイバー局の立ち上げといった諸課題の対応にあたる。

大石氏は静岡県出身で昭和61年に警察庁に入った。警備部門の経験が長く、警視庁公安総務課長、警察庁警備課長などを歴任。安倍晋三内閣の首相秘書官を平成24年12月から6年余り務めた後、警察庁の警備局長に就いていた。

【警察庁長官】

中村格氏(なかむら・いたる)東大卒。昭和61年警察庁。警視庁刑事部長、警察庁組織犯罪対策部長などを経て、令和2年1月から次長。58歳。福岡県出身。

【警視総監】

大石吉彦氏(おおいし・よしひこ)東大卒。昭和61年警察庁。警備課長、首相秘書官などを経て、平成31年1月から警備局長。58歳。静岡県出身。