エジプト、イスラエル首脳が会談 10年ぶり公式訪問 - 産経ニュース

メインコンテンツ

エジプト、イスラエル首脳が会談 10年ぶり公式訪問

会談するエジプトのシーシー大統領(右)とイスラエルのベネット首相=13日(ロイター)
会談するエジプトのシーシー大統領(右)とイスラエルのベネット首相=13日(ロイター)

エジプトのシーシー大統領は13日、同国東部シャルムエルシェイクでイスラエルのベネット首相と会談した。イスラエル首相のエジプト公式訪問は約10年ぶり。

ロイター通信によると、シーシー氏はイスラエルとパレスチナ独立国家創設による「2国家共存」案に基づき、中東の包括的な和平実現を支持する姿勢を示した。ベネット氏は会談で外交、治安、経済について協議し、「より深い関係を築く基礎ができた」と話した。同氏は対パレスチナ強硬派でパレスチナ独立国家の創設に反対している。

イスラエルは5月、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスと大規模な軍事衝突を展開し、エジプトは米国とともに停戦を主導した。ハマスは8月下旬以降、イスラエル領にロケット弾を発射し、イスラエルがガザを空爆するなど停戦維持に暗雲が漂っている。(カイロ 佐藤貴生)