注文から24年待ち 「時をかけるコロッケ」の魅力 - 産経ニュース

注文から24年待ち 「時をかけるコロッケ」の魅力

旭屋の極みコロッケ(旭屋提供)
旭屋の極みコロッケ(旭屋提供)

注文から発送まで、ただいま約24年待ち-。一生に何度食べられるか分からない〝幻〟の商品が、兵庫県高砂市の精肉店「旭屋」の「極みコロッケ」だ。最高級の神戸牛とこだわりのジャガイモによる究極のコロッケは1日200個の限定生産で、取り扱いはインターネット通販のみ。平成12年の発売以来、全国各地からの注文が引きも切らない。代表の新田滋さん(56)に時を超えるコロッケの秘密を聞いた。

老舗ならではの味

「極み」の最大の特徴は、ゴロゴロした見た目の大きなカット肉だ。最高級のA5等級の神戸牛で、肉質が軟らかい3歳雌牛のみを使用。ジャガイモは新田さんが全国各地の品種を食べ比べ、糖度が高く、肉の味にも負けない「レッドアンデス」を選んだ。

ランキング

  1. 河野氏、親族企業の中国との関係「政治活動に影響全くない」
  2. 世界同時株安、「中国版リーマンショック」の懸念強まる
  3. コロナ行動制限「効果があったのか」 麻生財務相が苦言
  4. 107歳双子が長寿ギネス認定 きんさんぎんさんの記録更新
  5. 【産経・FNN世論調査】次の総裁、自民支持層でも河野氏断トツ、期待するのはリーダーシップ
  6. EU、仏潜水艦計画破棄「許されない」と米豪を批判
  7. 廃棄物から1千万円発見 兵庫・姫路の処理施設
  8. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  9. 高市氏と蔡総統の会談全文 安全保障など交流強化を確認
  10. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり

メインコンテンツ