政府のコロナ対応は「無策で皆保険崩壊状態」 枝野氏が批判 - 産経ニュース

メインコンテンツ

政府のコロナ対応は「無策で皆保険崩壊状態」 枝野氏が批判

立憲民主党の枝野幸男代表(春名中撮影)
立憲民主党の枝野幸男代表(春名中撮影)

立憲民主党の枝野幸男代表は14日の党会合で、全国の警察が8月に扱った変死などによる遺体のうち250人が新型コロナウイルスに感染していたことに触れ、政府の対応を批判した。急増する自宅療養者を念頭に「政府の無策で医療を受けられず、国民皆保険制度は崩壊状態だ」と述べた。

総裁選を実施する自民党について「内部の権力争いにうつつを抜かしており、甚だ残念だ。命の問題は取り返しが付かない」と強調した。