河野氏、石破氏の支持問われ「どなたでも1票入れて」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

河野氏、石破氏の支持問われ「どなたでも1票入れて」

河野太郎行政改革担当相=13日午前、国会内(春名中撮影)
河野太郎行政改革担当相=13日午前、国会内(春名中撮影)

自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に出馬表明した河野太郎規制改革担当相は13日のTBS番組で、石破茂元幹事長が河野氏を支援する可能性について「河野太郎の考え方に共鳴してくださる方は、どなたでも1票を入れていただきたい」と述べた。自身が所属する麻生派(志公会、53人)会長の麻生太郎副総理兼財務相に関しても「私に1票入れていただけるものと思う」と述べ、麻生氏が岸田文雄元外相を支援するとの見方を否定した。

衆院当選3回以下の議員による派閥横断の議員連盟「党風一新の会」が自主投票を求めていることに関しては「自分がそういうふうにやってきたから、非常に理解できる」と評価した。麻生派が河野氏支持で一本化できない見通しであることをめぐっては「こういう形になったのは非常に私にとっては良かった。派閥で上から落ちてきて『じゃあこいつ』ということになるよりは」と述べた。

河野氏が総裁選で勝利しても短命に終わると麻生氏が懸念しているとの見方には「コロナという危機の時に自分が対応ができると思っていた。もっといい時期にというよりは、世の中困っているときに出て対応したいという思いで(麻生氏に)『今やります』と申し上げた」と説明した。