仙台市の医療機関 ワクチンと誤り生理食塩水を接種か - 産経ニュース

メインコンテンツ

仙台市の医療機関 ワクチンと誤り生理食塩水を接種か

仙台市は13日、同市宮城野区の医療機関が今月7日、新型コロナウイルスワクチンのつもりで誤って生理食塩水を最大6人に接種した可能性があると発表した。健康被害の報告はないという。

市によると、この医療機関で102人が個別接種を同日受けた後、ワクチン入りの注射器6本が残った。注射器への充塡(じゅうてん)を終えて空になったワクチンの瓶に、希釈用の生理食塩水を誤って入れ、6人分のワクチンとして使った可能性があるという。

この医療機関は102人に対し、誤接種の可能性があると伝えて謝罪。希望者に抗体検査を行うという。