東京パラで表彰された千葉県の2校 児童生徒らがオンライン知事表敬 - 産経ニュース

メインコンテンツ

東京パラで表彰された千葉県の2校 児童生徒らがオンライン知事表敬

木更津市立清見台小の児童と画面越しに話す千葉県の熊谷俊人知事=13日、県庁(小野晋史撮影)
木更津市立清見台小の児童と画面越しに話す千葉県の熊谷俊人知事=13日、県庁(小野晋史撮影)

共生社会の促進に貢献したとして、東京パラリンピックの閉会式で表彰されたいずれも千葉県の木更津市立清見台小学校と県立東金特別支援学校の児童生徒が13日、オンラインで同県の熊谷俊人知事と懇談し、それぞれの取り組みを紹介した。

両校は国際パラリンピック委員会が設立した「アイム ポッシブル」アワードで表彰され、清見台小は開催国最優秀賞に、東金特別支援学校は開催国特別賞に選ばれた。

学校をはじめ、家庭や地域のバリアフリーについて考える活動などを行った清見台小の児童らは「もっといろんな人が車いすに乗ったりして、障害者の人への理解がもっと深まると良いなと思った」と話した。

地域の学校を訪れたり、オンラインでパラスポーツの楽しさを伝えるなどした東金特支の生徒らは「ボッチャを知って、地域の人が喜んでくれた」と活動を振り返った。

熊谷知事はそれぞれの児童生徒らに「本当に素晴らしい」などと画面越しに話しかけ、祝福した。

ボトムコンテンツ