埼玉でも14日からカクテル療法 病床逼迫防ぐ - 産経ニュース

メインコンテンツ

埼玉でも14日からカクテル療法 病床逼迫防ぐ

さいたま市浦和区の埼玉県庁(内田優作撮影)
さいたま市浦和区の埼玉県庁(内田優作撮影)

埼玉県の大野元裕知事は13日の記者会見で、新型コロナウイルス患者の重症化を抑える抗体カクテル療法を、14日から県内の宿泊療養施設1カ所で始めると発表した。1日最大8人の治療が可能としている。

医療機関ではなく宿泊療養施設で治療を行うことで、病床の逼迫(ひっぱく)を防ぐ狙いがある。大野知事は「医療機関の負担は高いレベルにとどまっている」と説明し、業務軽減を図る意義を強調した。

緊急事態宣言が13日から延長になったことにも触れ、営業時間短縮などを引き続き要請することに「心苦しいが(感染拡大を)止める必要があるので一層の協力をお願いする」と理解を求めた。