波瑠が初の本格医療ドラマを演じ切った 月9「ナイト・ドクター」最終回 - 産経ニュース

メインコンテンツ

波瑠が初の本格医療ドラマを演じ切った 月9「ナイト・ドクター」最終回

大きな花束を手に笑顔を見せる波瑠と田中圭(C)フジテレビ
大きな花束を手に笑顔を見せる波瑠と田中圭(C)フジテレビ

13日に最終回を迎える月9ドラマ「ナイト・ドクター(月曜後9・0、フジテレビ系)に主演する波瑠(30)と田中圭(37)のクランクアップの様子が紹介された。

スタジオで「朝倉美月役、波瑠さんオールアップです」と声が上がると、盛大な拍手と花束が贈られた。作品を引っ張ってきた波瑠は「みなさん、お疲れさまでした。こんなにしっかりと医療ドラマに入ったのは初めてで大変さが身に染みました」とあいさつ。野田悠介プロデューサーや監督、スタッフへ感謝の言葉も添えた。

波瑠とともに手術室でのシーンを終えた成瀬暁人役の田中も「医療ドラマならではの過酷さと青春群像劇の楽しさが半分半分で、途中からは楽しくなりすぎちゃって(共演の)岸(優太、King&Prince)をイジりすぎちゃったかな」と笑った。

救急医療の働き方改革として試験的に結成された夜間勤務だけを専門に行う医療チーム「ナイト・ドクター」。最終回は突然、本郷(沢村一樹)から「解散」を告げられたナイト・ドクターチーム。“別れのとき”が迫り、さらなる試練が待ち受ける。

出演は北村匠海、岡崎紗絵、野呂佳代、梶原善、小野武彦、真矢ミキら。

(産経デジタル)