名古屋・河村市長が公務復帰、コロナ感染で自宅療養 - 産経ニュース

メインコンテンツ

名古屋・河村市長が公務復帰、コロナ感染で自宅療養

自宅療養を終えて公務に復帰した名古屋市の河村たかし市長=13日午前、市役所
自宅療養を終えて公務に復帰した名古屋市の河村たかし市長=13日午前、市役所

新型コロナウイルスに感染した名古屋市の河村たかし市長(72)が13日、公務に復帰した。1日に感染が判明し、無症状のため自宅で療養していた。

河村氏は記者会見で「大変ご心配と迷惑を掛け、申し訳ない」と述べた。自宅療養中は「おとなしく謙虚にしていた。(自宅療養者向けに)配給されたご飯を食べ、本も読んで過ごした」。これまでは布製マスクが多かったが、アドバイスを受け、この日は不織布マスクを着用した。

東京五輪ソフトボール日本代表、後藤希友選手の金メダルをかじった問題を受け、給料3カ月分をカットすることについては「不適切な言動の責任を明らかにしたい。猛省しているが、精神的なものだけではいけない」と話した。

河村氏は、8月29日に特別秘書の陽性が判明したため、PCR検査を受け感染が分かった。