規格外トマトと柚子はちみつの絶品ソース 曽爾村と近畿大 - 産経ニュース

メインコンテンツ

規格外トマトと柚子はちみつの絶品ソース 曽爾村と近畿大

規格外トマトと奈良県曽爾村の食材を使ったソースを開発した学生と寺前健史さん(中央)=同村
規格外トマトと奈良県曽爾村の食材を使ったソースを開発した学生と寺前健史さん(中央)=同村

傷がつくなどして出荷できなかった奈良県曽爾村産の規格外トマトを有効活用し、村と近畿大農学部(奈良市)の学生が2種類のトマトソースを開発した。ユズの酸味とやさしい甘さが特徴の「柚子はちみつ」と、シイタケのうまみと大和当帰(やまととうき)のさわやかな香りがマッチする「きのこ当帰」。村の食材を使ってトマトの味を引き立てている。

村と協力して開発したのは、近大農学部の農業経営経済学研究室に所属する4年生4人。村と近大は令和元年に地域活性化に向けた連携協定を結んでおり、今回の取り組みもその一環。

村では大きな寒暖差や豊富な湧水を利用し、7軒の農家がトマトを生産している。そこで、虫が食っていたり、形が悪かったりして、廃棄されてきた規格外トマトを農家から随時提供してもらい、これを元にトマトソースを作ることにした。

奈良県曽爾村と近大が共同開発したトマトソース。ふたに草木染めの布を使用した
奈良県曽爾村と近大が共同開発したトマトソース。ふたに草木染めの布を使用した

村ならではのトマトソースを作ろうと学生らは昨年夏からトマトソースに入れる食材探しを開始。ホウレンソウやベーコンなどさまざまな食材を試した結果、村産のユズ、キノコ、ハチミツ、大和当帰葉との相性がよいことが分かったという。

「トマト味を引き立てる食材はすべて、村の食材だった」と近大4年、松尾翔太さんは感慨深げ。村のトマト農家、寺前健史さんは「丹精込めて作ったトマトを活用してもらえるのはありがたい」と話した。

トマトソースは1瓶(220グラム)750円。交流拠点「そにのわの台所katte」やオンラインストアの「そにのわマルシェ」で年間を通じて販売している。問い合わせは曽爾村企画課(0745・94・2116)。