「中国」潜水艦の情報収集 加藤氏、接続水域を潜航 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「中国」潜水艦の情報収集 加藤氏、接続水域を潜航

記者会見する加藤官房長官=13日午前、首相官邸
記者会見する加藤官房長官=13日午前、首相官邸

加藤勝信官房長官は13日の記者会見で、中国海軍に所属していると推定される潜水艦が潜行したまま鹿児島県・奄美大島東側の接続水域を航行していたことについて「注視すべき状況と認識し、防衛省から公表した」と説明した。

国際法上、他国の領海内に入る場合は艦体を浮上させる必要があるが、外国の潜水艦が沿岸国の接続水域内を潜水したまま航行することは禁じられていない。

加藤氏は、外務省から局長級レベルで中国側に「関心」を表明したことも明らかにした。潜水艦の行動目的などについては「情報収集、分析を行っているが、事柄の性質上、コメントは差し控える」と述べた。