CO2再利用に1829億円 経産省、2兆円基金から - 産経ニュース

メインコンテンツ

CO2再利用に1829億円 経産省、2兆円基金から

経済産業省=東京都千代田区
経済産業省=東京都千代田区

経済産業省は13日の有識者会議で、脱炭素化に取り組む企業を支援する2兆円の基金から、回収した二酸化炭素(CO2)を資源として再利用し、コンクリートや化学品を製造する技術などの開発に最大1829億8千万円を配分する方針を示した。近く正式決定し、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募を始める。

一連の技術は「カーボンリサイクル」といわれ、脱炭素化の鍵の一つとして期待を集めている。工場などから出るCO2を分離回収し、コンクリートや化学品の原料に吸収させることで排出量の抑制につなげる。

配分額の主な内訳は、CO2を吸収し封じ込める量を最大化するコンクリートの生産法確立に303億7千万円、セメントの製造過程で排出するCO2の回収技術に157億円とした。

CO2からポリカーボネートなど化学品を製造する技術には200億円、廃プラスチックや廃ゴムからプラスチック原料をつくる技術に413億円を充てる。